義歯のお手入れ

こんにちは!原田歯科です 😀 

皆様、正しい義歯のお手入れは出来ていますか?

残っている歯に関してはきちんとお手入れができているのに、義歯はお手入れが出来ていなかったり、粘膜部分に汚れが付着していたり・・・

正しいお手入れが出来ていないと、口腔内にカビや雑菌が増殖し、誤嚥性肺炎のリスクも跳ね上がります。

肺炎で死亡する人の94%が75歳以上のお年寄りで、90歳以上の高齢者の死亡原因第2位が肺炎です。

また、高齢者の肺炎の70%以上が誤嚥に関係しています。

嚥下機能が低下し、誤嚥が起こると口腔内の細菌やカビが肺に流れこみます。

そのリスクを少しでも減らす為、口腔内は清潔に保ちましょう!

 

STEP① 義歯を綺麗にブラシで洗いましょう

 

義歯も自分の歯と同様に、綺麗にブラッシングをしてあげましょう。
普通の歯ブラシでは細かい所まで磨きにくい場合、義歯専用のブラシを使いましょう。

 

 

 

 

 

 

 

汚れを放置すると、義歯にも歯石が付いて取れなくなります。

また、義歯の安定剤を使用している場合、それもきちんと落としてください。

泡の洗浄剤を使えば、殺菌消毒にもなりますよ。

 

 

 

 

 

 

 

【注意!】普通の歯みがき粉は使用しないでください。研磨剤で細かい傷が付きやすくなります。

 

STEP② 洗浄剤で消毒しましょう

義歯をブラシで洗った後は、よくCMでもやっているタブレット型の洗浄剤で消毒してください。

 

 

 

 

 

 

 

容器にお水と洗浄剤を入れて、5分程浸けおいて下さい。

【注意!】あまり長く浸けると脱色や、プラスチック部分の劣化に繋がります。

 

STEP③ 粘膜部分の清掃をしましょう

義歯が覆っている粘膜部分のお手入れもしてください。
安定剤が残っていたり、汚れが付着したままだと、カビや雑菌が繁殖します。

また、高齢になると口腔内が乾燥しやすくなりますので、舌苔(舌の表面についた白い汚れ)がつきやすくなります。

水で濡らしたガーゼかスポンジで優しく拭う様にしてください。

【注意!】強くこすると粘膜や舌を傷つける場合があるので、力加減に気を付けて下さい。

 

少しお買い得な義歯のお手入れセットも販売しています。

 

 

 

 

 

 

 

マウスピースにもお使い頂けます 😆 

義歯もマウスピースも毎日お口の中に入れる物なので、きれいにお手入れしてもらうと、快適にお使い頂けますよ☆

また、誤嚥性肺炎のリスクを減らす為、きちんとお口に合った義歯を製作することも大切です。

・体重の減少でパカパカする様になった

・義歯がすり減って噛めなくなった

など、気になる事はお気軽にご相談下さい。

 

10月休診のお知らせ

10/3(木) 午後休診

10/10(木) 午後休診

10/24(木) 終日臨時休診

10/30(水) 午後休診